人生謳歌しましょ

アラサーソーシャルワーカーの思いつき日記

自己評価の大切さと他者評価の落とし穴

自分で自分のことをどう認識、評価するかが今後の人生においてとても大事になると実感した。

 

ではそれ(評価、認識)をどうやってしていけばいいのか。

 

普通はというか、ごく一般的な日本人は他者の基準と照らし合わせて相対的に判断しがちなのだけれど、実はそれが一番危険で間違った判断をしやすい。

大抵の人は自分がこれまで生きてきた経験を基に判断をするわけだけど、

それが何というか、個人差があまりにも激しいのだ。

 

恵まれた環境で育ってきた人はそれだけ自分のことを肯定的に評価しやすいし、そうではない人はいとも簡単に自分のことを否定的に評価して卑屈になりやすい。本当は素晴らしいものを持っていたとしてもその本人にはそれが見過ごされてしまう。そして負のループに陥り、そこから抜け出せないと錯覚する。

 

また人が生きてきた経験なんてものは大抵ごく限られたものしかない。

つまり評価するにあたってのサンプル量が圧倒的に少ない。

 

なのでとにかく自分で自分のことを肯定的に評価する必要がある。

どんなことがあろうとも。

 

なぜなら人の本質は無限で、何を考えても自由だから。

 

だから自信を持つのだ。その際に根拠はいらない。

とりあえず絶対評価で良い。というかそうでないとダメだ。

 

これはきっと技術みたいなもので、馴染ませるために練習する必要があるのかもしれない。

ただ毎日反復していればいつのまにか他者評価を排除して絶対評価によって自信を持つことが容易くなってくるだろう。

 

なんちゃって☆